パプアニューギニア

Find the right パプアニューギニア Visa for your trip with price, requirements, and application time

パプアニューギニアへのビザ取得は旅行の楽しみを奪います。
私たちはそれを取り戻すためにここにいます。以下でオンラインで申請するだけで、あとは私たちにお任せください。

旅行先を選択 
ビザの種類
ビザの有効期限
国籍のある国を選択してください
に居住する
助けが必要?私たちとしゃべる
週7日お電話ください:  週7日お電話ください: 
週7日お電話ください

無料でお電話ください

7日間、週中無休
Short-term travel visas
Long-term visas & Immigration

Papua New Guinea Visa Types

パプアニューギニア政府は2018年にオンラインビザプログラムを開始し、ビザの処理を容易にするためにVisaHQは興味を持つ申請者にアクセスを提供しています。対象国のいずれかからで、パプアニューギニアを訪れる予定の日から6か月以内に有効期限の切れない有効なパスポートをお持ちの場合、ビジネス、観光、トランジットのためのオンラインビザを申請することができます。

オンラインでの申し込み
メール文書
ビザを受け取る
自2003年以来パプアニューギニア签证服务专家 VisaHQは、パプアニューギニア政府と提携していない民間のビザ代理店です。 VisaHQはパプアニューギニアへのビザの迅速なサービスを提供し、サービス料を請求します。 90秒で比較してみましょう ビデオ 
  • r
    観光ビザ
    必要
  • r
    観光用Eビザ
    必要
  • r
    ジャーナリストEビザ
    必要
  • r
    スポーツ選手のEビザ
    必要
  • r
    ビジネスEビザ
    必要
  • r
    ビジネスビザ
    必要
  • r
    制限付き雇用Eビザ
    必要
  • r
    就労ビザ
    必要
この目的地にはビザが必要です。

ご注意ください:現時点では、大使館では単一入国ビザの発行のみ行っています。

ご注意ください:現時点では、大使館では単一入国ビザの発行のみ行っています。

ご注意ください:現時点では、大使館では単一入国ビザの発行のみ行っています。

ご注意ください:現時点では、大使館では単一入国ビザの発行のみ行っています。

ご注意ください:現時点では、大使館では単一入国ビザの発行のみ行っています。

有効期間と滞在期間は、以下の機関によって承認されます: パプアニューギニア首相府(PMO)および 外務省(DFA)。

タイプを選択 パプアニューギニア 観光ビザ アプリケーション:

追随する書類をメールしてください
  • ビザ申請書. 完全に記入され、署名された申請書

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、目的地の国の領土から出発する予定の日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートタイプの写真. 最後の6ヶ月以内に撮影された、白い背景のパスポートスタイルの写真を添付してください。また、印刷するために写真を注文にアップロードすることもできます。このサービスには料金がかかります。

  • 旅程計画. 往復チケットのコピーまたは旅程の詳細な予定表を提出してください。申請者の名前は予定表に記載されている必要があります。

  • 個人の手紙. 申請者がパプアニューギニア大使館に宛てた個人的な手紙で、旅行の目的、旅行日程、訪れる都市、宿泊先を説明してください。手紙はビザ申請者または法定代理人によって個人的に書かれ、署名される必要があります。旅行会社はビザ申請者の代わりに手紙を提供することはできません。

  • ビザ申請書. オンライン注文の場合は、アカウントの下で当社のシステムによって準備されたパプアニューギニアビザ申請書をダウンロードし、印刷して署名してください。

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、パプアニューギニアの領土からの出発予定日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートタイプの写真. 最後の6ヶ月以内に撮影された、白い背景のパスポートスタイルの写真を添付してください。また、写真をアップロードして印刷することも選択できます。このサービスには追加料金がかかります。

  • 旅程計画. 旅行者の名前でのフライト予定表の予約。パプアニューギニアへの入国と出国のフライトを示す必要があります。

  • ビジネスサポートレター. A business letter from the sending company in the US. The letter should be printed on the company letterhead stationery, addressed to "The Consulate of Papua New Guinea, Visa Section", and signed by a senior manager. The business letter must adhere to the following guidelines:
    • Briefly introduce the applicant (please specify employment status/position held in the company by applicant).
    • State the nature of the business to be conducted (ie. business meetings, contract negotiations, etc.) and the names and addresses of companies to be contacted in Papua New Guinea.
    • Specify the Type and desired Validity of the visa (ie. a one year multiple entry business visa).
    • Guarantee of sufficient funds for travel.
    The sample format for this letter can be found here

  • ビジネス招待状. ビジネス招待状は、パプアニューギニアの後援会社からのものである必要があります。この招待状は、会社のヘッダー付き文書用紙に印刷され、"パプアニューギニア領事館、ビザセクション"宛てに送付され、上級マネージャーの署名が必要です。ビジネスレターは以下のガイドラインに従う必要があります:
    • 申請者を簡単に紹介します(申請者の雇用状況/役職を明記してください)。
    • 実施されるビジネスの性質を明記します(例:ビジネスミーティング、契約交渉など)およびパプアニューギニアで連絡を取る予定の企業の名前と住所を明記します。
    • ビザの種類と希望する有効期間を指定します(例:1年間の多重入国ビジネスビザ)。

  • ビザ申請書. 完全に記入され、署名された申請書

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、目的地の国の領土から出発する予定の日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートタイプの写真. 最後の6ヶ月以内に撮影された、白い背景のパスポートスタイルの写真を添付してください。また、印刷するために写真を注文にアップロードすることもできます。このサービスには料金がかかります。

  • 旅程計画. 往復チケットのコピーまたは旅程の詳細な予定表を提出してください。申請者の名前は予定表に記載されている必要があります。

  • ビジネスサポートレター. こちらで、申請者を紹介し、旅行の性質を述べ、ビザの種類と希望する有効期間を明示し、滞在の理由がビジネス、商業交渉などに限定されていることが明記された、送信会社からのサポートレターのサンプル形式が見つかります。

  • ビジネス招待状. ビジネス招待状は、目的地の国の後援会社から提供されるものである必要があります。招待状は、会社のヘッダー付き文書用紙に印刷され、"The Consulate of Papua New Guinea, Visa Section" に宛てられ、上級マネージャーの署名が必要です。ビジネスレターは以下のガイドラインに従う必要があります:
    - 申請者を簡単に紹介する(申請者の雇用状況/役職を明記してください)。
    - 実施されるビジネスの性質を明記する(例:ビジネスミーティング、契約交渉など)および目的地国で連絡を取る予定の企業の名前と住所を記載する。
    - ビザの種類と希望する有効期間を明記する(例:1年間の多重入国ビジネスビザ)。

  • パスポートのコピー. 応募者のパスポートの写真ページの写真コピー。

  • 招待状. ホスト会社からの招待状で、申請者を紹介し、旅行の目的を述べ、ビザの種類と希望する有効期間を明示しています。

  • 銀行の明細書. 申請者の最新の月次銀行取引明細書のコピー。十分な資金の証拠を示す必要があります。明細書には、申請者の名前が口座名義人として明記され、口座の残高と明細書の日付が明確に表示されている必要があります。

  • ビザ申請書. 完全に記入され、署名された申請書

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、目的地の国の領土から出発する予定の日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートのコピー. 有効で署名されたパスポートの情報ページのクリアなスキャンを提供してください。

  • ビジネス招待状. ビジネス招待状は、目的地の国の後援会社から提供されるものである必要があります。招待状は、会社のヘッダー付き文書用紙に印刷され、"The Consulate of Papua New Guinea, Visa Section" に宛てられ、上級マネージャーの署名が必要です。ビジネスレターは以下のガイドラインに従う必要があります:
    - 申請者を簡単に紹介する(申請者の雇用状況/役職を明記してください)。
    - 実施されるビジネスの性質を明記する(例:ビジネスミーティング、契約交渉など)および目的地国で連絡を取る予定の企業の名前と住所を記載する。
    - ビザの種類と希望する有効期間を明記する(例:1年間の多重入国ビジネスビザ)。

  • スポンサーレター. パキスタンのスポンサーやツアーオペレーター会社からの手紙。ツアーオペレーターは、パキスタン政府への登録も提供する必要があります。

  • 航空券. 航空会社から直接発行された、申請者が利用する予定の航空券を確認してください。旅行代理店やチケット予約ウェブサイトの確認は受け付けられません。

  • 健康宣言書. 国に入る前に、健康宣言書を完全に記入してください。

  • ビザ申請書. オンライン申請を完了してください。

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、目的地の国の領土から出発する予定の日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートのコピー. パスポートのバイオデータページのコピー

  • ビジネス招待状. パプアニューギニアのビジネス関係者からの招待状で、訪問の目的、滞在期間、ビジネスの場所、予定される訪問頻度を示してください。

  • スポンサーレター. 会社/雇用主からのスポンサーシップレターには、申請者の詳細情報、滞在期間、フライトの詳細、財政的なサポートが明記されている必要があります。レターは会社のヘッダーに発行され、公式のシールと署名が必要です。

  • 航空券. 帰りの航空券のコピー。

  • 健康宣言書. リンクで見つけることができる補足健康フォーム。

  • 医療証明書. COVID-19ワクチン証明書。

  • パスポートのコピー. 応募者のパスポートの写真ページの写真コピー。

  • 旅程計画. 往復チケットのコピーまたは旅程の詳細な予定表を提出してください。申請者の名前は予定表に記載されている必要があります。

  • 招待状. ホスト会社からの招待状で、申請者を紹介し、旅行の目的を述べ、ビザの種類と希望する有効期間を明示しています。

  • 銀行の明細書. 申請者の最新の月次銀行取引明細書のコピー。十分な資金の証拠を示す必要があります。明細書には、申請者の名前が口座名義人として明記され、口座の残高と明細書の日付が明確に表示されている必要があります。

  • パスポートのコピー. パスポートのカラーコピー。

  • ビザ申請書. オンライン注文の場合は、アカウントの下で当社のシステムによって準備されたパプアニューギニアビザ申請書をダウンロードし、印刷して署名してください。

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、パプアニューギニアの領土からの出発予定日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートタイプの写真. 最後の6ヶ月以内に撮影された、白い背景のパスポートスタイルの写真を添付してください。また、写真をアップロードして印刷することも選択できます。このサービスには追加料金がかかります。

  • 国務省の手紙. 米国国務省、送付部門、または機関から「パプアニューギニア大使館、ワシントンD.C.」宛てに送られた、旅行の目的と日程を説明する書簡。書簡には申請者の名前とパスポート番号が記載されている必要があります。

  • ビザ申請書. 完全に記入され、署名された申請書

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、目的地の国の領土から出発する予定の日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートタイプの写真. 最後の6ヶ月以内に撮影された、白い背景のパスポートスタイルの写真を添付してください。また、印刷するために写真を注文にアップロードすることもできます。このサービスには料金がかかります。

  • 旅程計画. 往復チケットのコピーまたは旅程の詳細な予定表を提出してください。申請者の名前は予定表に記載されている必要があります。

  • ビジネスサポートレター. こちらで、申請者を紹介し、旅行の性質を述べ、ビザの種類と希望する有効期間を明示し、滞在の理由がビジネス、商業交渉などに限定されていることが明記された、送信会社からのサポートレターのサンプル形式が見つかります。

  • ビジネス招待状. ビジネス招待状は、目的地の国の後援会社から提供されるものである必要があります。招待状は、会社のヘッダー付き文書用紙に印刷され、"The Consulate of Papua New Guinea, Visa Section" に宛てられ、上級マネージャーの署名が必要です。ビジネスレターは以下のガイドラインに従う必要があります:
    - 申請者を簡単に紹介する(申請者の雇用状況/役職を明記してください)。
    - 実施されるビジネスの性質を明記する(例:ビジネスミーティング、契約交渉など)および目的地国で連絡を取る予定の企業の名前と住所を記載する。
    - ビザの種類と希望する有効期間を明記する(例:1年間の多重入国ビジネスビザ)。

  • 警察証明書. 保留されている刑事手続きがないことを示す、警察証明書

  • 就業招待状. 雇用契約のコピー。Papua New Guineaの将来の雇用主と応募者の両方によって署名されています。

  • 承認書. 労働雇用省によって承認された公式な書簡(Papua New Guinea)

  • パスポートのコピー. 応募者のパスポートの写真ページの写真コピー。

  • 承認書. 目的地国の内務省からの承認書。この承認書は領事館によって必要とされていませんが、ビザの承認プロセスを大幅に迅速化します。

  • パスポートのコピー. 有効で署名されたパスポートの情報ページのクリアなスキャンを提供してください。

  • ビジネス招待状. ビジネス招待状は、目的地の国の後援会社から提供されるものである必要があります。招待状は、会社のヘッダー付き文書用紙に印刷され、"The Consulate of Papua New Guinea, Visa Section" に宛てられ、上級マネージャーの署名が必要です。ビジネスレターは以下のガイドラインに従う必要があります:
    - 申請者を簡単に紹介する(申請者の雇用状況/役職を明記してください)。
    - 実施されるビジネスの性質を明記する(例:ビジネスミーティング、契約交渉など)および目的地国で連絡を取る予定の企業の名前と住所を記載する。
    - ビザの種類と希望する有効期間を明記する(例:1年間の多重入国ビジネスビザ)。

  • 健康宣言書. 国に入る前に、健康宣言書を完全に記入してください。

  • 完全な旅程. 往復の航空券のコピーまたは詳細な旅程表を提出してください。旅程表には、目的地と出発地の間のすべての中間国が表示されている必要があります。申請者の名前が旅程表に記載されている必要があります。

  • 追加要件. 要件

  • パスポートのコピー. 有効で署名されたパスポートの情報ページのクリアなスキャンを提供してください。

  • パスポートのコピー. 応募者のパスポートの写真ページの写真コピー。

  • 旅程計画. 往復チケットのコピーまたは旅程の詳細な予定表を提出してください。申請者の名前は予定表に記載されている必要があります。

残念ながら、この時点ではVisaHQは提供していません

この目的地にはビザが不要です。

追加情報
  • 完全なコロナウイルス追加健康フォーム。
    フォームをダウンロードし、記入して、印刷して署名してください。署名されたフォームをスキャンしてプロフィールにアップロードしてください。
  • 完全なコロナウイルス追加健康フォーム。
    フォームをダウンロードし、記入して、印刷して署名してください。署名されたフォームをスキャンしてプロフィールにアップロードしてください。
  • 完全なコロナウイルス追加健康フォーム。
    フォームをダウンロードし、記入して、印刷して署名してください。署名されたフォームをスキャンしてプロフィールにアップロードしてください。
  • 完全なコロナウイルス追加健康フォーム。
    フォームをダウンロードし、記入して、印刷して署名してください。署名されたフォームをスキャンしてプロフィールにアップロードしてください。
  • 専門的なスキルや技術の専門知識を持つ個人を対象とした制限付きの雇用Eビザは、パプアニューギニアでは利用できないものです。
  • 完全なコロナウイルス追加健康フォーム。
    フォームをダウンロードし、記入して、印刷して署名してください。署名されたフォームをスキャンしてプロフィールにアップロードしてください。

アメリカ合衆国市民のためのパプアニューギニア観光ビザ手数料

ビザの種類妥当性
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
処理
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
大使館料サービス料税金総費用
30日間の単一入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
最大30日間
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
15-20営業日
大使館料:$73.00
サービス料:$59.00
税金:$0.00
総費用:$132.00
$132.00
30日間の単一入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
最大60日間
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
15-20営業日
大使館料:$73.00
サービス料:$59.00
税金:$0.00
総費用:$132.00
$132.00
30日間の単一入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
最大60日間
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
15-20営業日
大使館料:$73.00
サービス料:$59.00
税金:$0.00
総費用:$132.00
$132.00
単一入国(滞在60日間)
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
最大180日まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
5営業日
大使館料:$100.00
サービス料:$99.00
税金:$0.00
総費用:$199.00
$199.00
単一入国(滞在60日間)
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
最大180日まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
15営業日
大使館料:$50.00
サービス料:$209.00
税金:$0.00
総費用:$259.00
$259.00
単一入国(滞在30日間)
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
最大30日間
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
15-20営業日
大使館料:$240.00
サービス料:$89.00
税金:$0.00
総費用:$329.00
$329.00
複数回入国(滞在期間60日)
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
15-20営業日
大使館料:$400.00
サービス料:$69.00
税金:$0.00
総費用:$469.00
$469.00
単一入国(滞在60日間)
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
最大180日まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
15営業日
大使館料:$250.00
サービス料:$299.00
税金:$0.00
総費用:$549.00
$549.00
単一入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
15-20営業日
大使館料:$580.00
サービス料:$59.00
税金:$0.00
総費用:$639.00
$639.00
30日間の単一入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
15-20営業日
大使館料:$580.00
サービス料:$89.00
税金:$0.00
総費用:$669.00
$669.00
複数回入国(滞在期間60日)
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
15営業日
大使館料:$500.00
サービス料:$299.00
税金:$0.00
総費用:$799.00
$799.00
  • ビザを確認する

Papua New Guinea (PNG) Visa Policy

According to the visa policy of Papua New Guinea, visitors must hold valid visas to enter the island unless they are from visa-exempt countries. Also popularly called PNG (abbreviated term), this Island nation in the Pacific Ocean issues visas through different means, such as the online visa or visas issued by its foreign missions abroad. There is also a visa on arrival for selected nationalities, but all visitors must have passports with a minimum of 6 months' validity.

Papua New Guinea Visa Waiver Program

The government of Papua New Guinea has a visa waiver program for foreign nationals from selected countries. These nationals are free to enter the country without visas for short visits. The countries that qualify for the visa waiver programs are selected based on bilateral agreements the PNG government has with other nations, most of whom are fellow Pacific countries.  Some other countries also appear on the visa waiver list even though they don't have such agreements with the PNG government.

Visa free visitors don't require visas to enter PNG, all they need is a valid passport with 6 months validity as a bare minimum, a return flight ticket and funds for travel and living expenses.  This visa waiver list is already changing to check for your country to decide whether you j Ed w list or not 

Visa On Arrival

There is a visa on arrival for visitors arriving in Port Moresby or Rabaul Tokua. This document is only available to some visitors but only to citizens from eligible territories and countries on the visa-on-arrival list. Visa-on-arrival visitors are allowed to stay for up to 60 days but may also apply for extensions after submitting an application and paying a fee. 

Electronic Visa (e Visa)

The PNG e-visa was launched in 2018, and ever since, citizens from eligible countries can apply. This visa is open to visa on Arrival eligible applicants and additional countries. With a valid e-visa, you can stay in PNG for 30 days, and the visa is valid for 60 days from the issue date.  Applications for e visas are done online so applicants don't have to visit a PNG foreign office to submit their applications. 

Part of the requirements include a valid passport with at least 6 months validity, a cover letter explaining the purpose of a trip and a bank statement to prove that you have sufficient funds to cover your expenses throughout your stay on the island.

Applicants will also need a valid email address to receive the electronic visa once the application is approved. To avail of an r visa you must satisfy the following conditions.

  • You must hold a valid passport  issued by an eligible country 
  • Your intention for the visit must not be work or study related
  • You must not exceed the approved days of visa free stay
  • You must possess enough funds to meet your needs
  • You must hold a return ticket for the exit trip 

Key Information For Papua New Guinea e-Visa

Before submitting your online application for an electronic visa for Papua New Guinea, here are some vital points to take note of.

Only For Short-Term Visits: Online visas are not long-stay visas for residency, study, or employment but for short visits. On no account should you stay in the country much longer than the allotted time, which may be 30 or 90 days. Also, your e-visa cannot be converted to a long-term visa. If you must stay in PNG as a long-term resident, you must apply to the PNG consulate for a consular visa.

Not For Employment: You are not allowed to work in PNG with an electronic visa, and E visas do not qualify you for a work permit as it is a nonimmigrant visa for short visits. If you have secured employment on the island and wish to work, you can only do that after obtaining a work visa.

Please print out The Visa: Although the visa is generated electronically, you should still print out a copy because the immigration officers at the port of entry may likely ask for it alongside other documents.

Traveling With Minors: If you are traveling with minors, you will have to provide extra documents like a birth certificate if you are the parent or a parental consent form if you are the legal guardian. These documents should be uploaded during the application and also brought along for the trip. Furthermore, the minor must also have their visa, which you can apply for on their behalf.

Use The Same Passport: You must use the same passport for your trip as was used for the application. 

This is because the passport is linked to the visa, and traveling with a different passport is tantamount to not having a visa at all, and you will not be allowed into the island.

Nonrefundable Fee: The application fee is mandatory, without which you will not be able to submit your application form. The fee is payable online with a credit or debit card. This fee is not refundable and doesn't guarantee that you will get the visa if you are not eligible for it or you don't have the required documents. Before initiating payment, make sure the card is valid and contains sufficient amounts to cover the application fee and the transaction cost.

One Visa Per Traveler: A Papua New Guinea e-Visa can only be used by one traveler, not two or more. The visa is neither transferable nor can be converted to a residential or work visa, and it is strictly for short-term visits and nothing more.

Use Approved Routes: Although e-visa visitors can access PNG by air, land, and sea, they are only allowed to use approved routes. Using a different route will lead to entry denial.

Don't overstay: Last but not least is the duration of stay. You are legal visitors as long as your visa remains valid; the moment the visa expires, you become an illegal visitor and thus are grounds for sanctions. So make sure you make your exit on or before the last valid day your visa allows.

Papua New Guinea Visa Online – Get your Papua New Guinea e-Visa with VisaHQ

Planning a trip to Papua New Guinea? You will most likely need a visa to enter the island unless you are from one of the visa-exempt countries. Among the visa options available to Foreigners is the online visa, available to selected foreign nationalities. 

How To Apply For A Visa With VisaHQ

You can apply for a visa with VisaHQ by completing our online application form in 20 minutes or less. To get started, you need to arrange all the documents and information you will need. Once you have all these, please follow these simple steps.

Complete The Online Form: You must carefully fill out the online application form on the VisaHQ website. This form has different sections requiring varying information. You must provide your personal information, like your full name as they appear on your passport, gender, sex, date of birth, etc. The passport information section will require your passport number, date of issue, expiry date, nationality, etc. As for the travel information, you must provide the arrival and departure date and any other necessary information expected of you.

Attach Your Documents: The next step is to attach the necessary documents depending on the visa you are applying for. Make sure all your documents are valid and yours. If you use an expired document or documents belonging to another person, your application will be rejected. After uploading the documents pay the nonrefundable application fee with your credit or debit card, then submit for approval.

Get Your Visa: Processing takes only about 3 days, but you may get it sooner. The visa will be forwarded to your verified email address which you should print out and bring to PNG as evidence.

Why Use VisaHQ?

If you use VisaHQ for your online visa application, you will enjoy.

  • Round-the-clock expert technical support
  • The seamless application process in 20 minutes or less

パプアニューギニア COVID-19 旅行制限

  • 入場は開放されています
    パプアニューギニアは現在、旅行が可能です。
    到着前の要件
    有効なパスポート。出発日から少なくとも6か月の有効期限が残っている有効な国民パスポート。
    有効なビザ。 ビザが必要な場合は、上記の手順に従って申請してください。
    📝健康フォーム。乗客は承認された国際航空乗客旅行フォーム(I-APTF)を持っている必要があります。

お近くの私たちを見つけてください

申請する パプアニューギニア ビザ
  • ワシントンDC
    住所
    VisaHQ.com Inc.
    1701 Rhode Island Ave NW
    ワシントン, DC 20036
    電話
    +1-202-661-8111+1-202-661-8111
    労働時間
    通話用: 月曜日から金曜日まで、午前8時30分から午後8時30分まで(東部時間)
    訪問のために: 月曜日から金曜日まで、午前8時30分から午後5時30分まで(東部時間)

パプアニューギニアビザに関するよくある質問

      United States of Americaにおけるパプアニューギニア大使館のリスト

      パプアニューギニア 税関

      輸入規制 輸出規制 健康と安全 税関当局への連絡
          パプアニューギニアの税関連絡先情報
          詳細な支援が必要な場合は、直接パプアニューギニアの税関当局にお問い合わせください。彼らは税関規制や輸出入手続に関する最新情報を提供してくれます。

          • 電話


          旅行制限、安全警告、政治情報の更新、基本的な旅行ガイドラインに関する追加情報については、最寄りのパプアニューギニア大使館にお問い合わせください。

          ×

          Whooops! サーバーは霊界にいます。
          後でもう一度お試しください


          ページを更新