1. VisaHQ.jp
  2. サービス条件
Last updated: November 14, 2019

VisaHQ.jpをご使用いただく前に、使用規約条件をお読みいただく事をお願い申し上げます。

このサイトを使用する事、また、パスポート、申請フォーム、他の書類をVisaHQ.jpへ送信、配信する事によって、お客様がこの使用規約条件を読み、認めた事、私たちのポリシーを冒涜する事はないと同意していただいたとを承認致します。

このサイトを使用する事によって、お客様は使用規約条件とプライバシー・ステートメントへの同意を意味します。この同意書に書かれた条件に同意しない場合、サイトに満足されない場合はその苦情を連絡先のページからお知らせいただく事をお願い申し上げます。この使用規約条件の従わない場合、法的な行動を起こす、またはサイトアクセスへの制限をされる結果になりかねません。時折、VisaHQ.jpは使用規約条件を修正する可能性があります。サイトへのアクセスや使用の際、何時でも、この同意書をお読みいただきますようお願い申し上げます。

払い戻しポリシー. VisaHQ.jpからパスポートまたは補助書類を受け取る前にサービスの取り消しを望まれる場合、ログイン中、お客様のアカウントの中の取り消し/削除機能を使ってまたはサービスラインへの電話で罰金や料金なしでお取り消し可能です。この特定のサービスまた返送用の郵便料金(お支払済みの場合)はお支払いいただいたどんな料金も全額を受け取る事ができます。しかしながら、VisaHQ.jpからパスポートまたは補助書類を受け取った後、取り消しを決められた場合は料金はお返しする事ができません。受け取られた時点でサービスは完了された事になります。サービスの遅れや否定によるサービス料金、大使館料金、送料、またはその一部の払い戻しは不可能ですから、書類をこちらで受け取ってから、申請の手続きが始まった後でも払い戻しが可能になります。

VisaHQ.jpは 三ヶ月を過ぎますとクレジットカードでの払い戻し工程を進める事が不可能になります。そのような場合、将来のVisaHQ.jpを通してのビザ申請にご使用いただけるストア・クレジットを発行する可能性があります。ストア・クレジットは他の代理店を通して、または領事館へ直接申請を提出される場合はご使用いただく事はできません。

工程時間. VisaHQ.jpによるビザとパスポート申請の工程に要する予想時間は大体、普通の状況で、領事館と国の担当部署によって供給される工程時間を基本としています。工程時間はVisaHQ.jpに書類が配達された日の平日の次の日から始まり、"同日"か"次の日"の工程の選択によって計算されます。他の工程時間の選択は大使館または国の担当部署への書類提出後の日付けから始まり計算されます。領事館と/またアメリカ合衆国の担当部署は追加の書類を要請する可能性があり、遅れる可能性があります。と共に/またはより詳しい説明なしで彼らの決定権により工程を否定される場合があります。VisaHQ.jpには工程の否定または遅れのための配達の遅延、取り消し、財務上のまたはそれ以外の損失に関して責任はありません。サービスの遅れや否定によるサービス料金、大使館料金、送料、またはその一部の払い戻しは不可能です。

料金と支払. お客様はクレジットカードのオンライン上の承認が終了しますと直ちに料金が請求される事に同意していただきます。また、VisaHQ.jpまたはVisaHQ.jpを通しての他の業者によって提供される製品またはサービスに対して全ての料金と手数料を払う事に同意していただきます。他の商品またはサービスの購入に関する税金や送料全てをお支払いくださいますようお願い申し上げます。大使館領事館料金、申請用フォーム、ビザ発行に関して必要な書類パスポートを含めて、ビザ取得の工程に関する料金やその要請内容は限界なく、告知なしに変わる事があります。

配送. VisaHQ.jp does not provide shipping methods unless instructed otherwise or as instructed by clients. 時々、書類が損傷したり、損失したりしますが、その書類がクライアントに保管される間または運送される間の損傷や損失にVisaHQ.jpは責任を持ちません。VisaHQ.jpはクライアントに配送パッケージのリアルタイムトラッキングを提供する配送サービス使用を強く奨励しています。VisaHQ.jpには配送、運送会社による配達の間違い、配達の時間、場所、安全保管、全てのパッケージに関しての責任はありません。VisaHQ.jpはサービス、配達時間、サービスの利用の可能性のような運送会社によって作られた支払い要求への正当な理由、その保障に関して、保証しませんし、できません。

サービスの定義説明. VisaHQ.jpはウェブサイト上の全てのサービスに関して、正確な説明のためにベストを尽くします。しかしながら、VisaHQ.jpは全ての陳述、定義、正確性、間違いがない事に対して保証しません。領事館はたびたび要請内容と料金を前もって忠告なしに変更したり、その変更が直ちに有効になります。どんな出来事の場合もサービスの説明とどんなサイト上のインフォメーションも時代遅れになったり、正確でなくなったりしかねますし、お客様はVisaHQ.jpに被害がかからないように保持する事に同意していただきます。サービスの説明、料金、工程時間、工程日、VisaHQ.jpのウェブサイト上の他のインフォメーションにいくらかのまたは全ての不正確または間違いに関して、VisaHQ.jpには責任はありません。

サービス. パスポートビザ取得の工程に関する要請内容や料金は通知なしに変更されます。ビザ発行のために要求される申請フォームと追加される書類は、通知なしに変更されます。領事館とアメリカ合衆国のパスポートセンターの職員は彼らの決定権によって余剰の追加書類を要求する可能性があります。また、かれらは否定する理由を明らかにしないで旅行書類,ビザ、パスポートの発行を断ったりする事があります。 VisaHQ.jpによるビザとパスポートの工程の見積りは通常の状態を基本に概算され、ほとんどの場合信用できると思われますが、保証されている訳ではありません。否定や工程の遅れによる遅延、取り消し、財務的なまたはそれ以外の損失の関して VisaHQ.jpに責任はありません。限定されませんが、書類の未完記入、工程に不十分な時間、異常な事態を含めて、 VisaHQ.jpは理由の如何を問わず書類工程を断る権利を持っています。

プライバシー. サイトご使用と同時に同意する義務があるプライシー・ステートメントに注目いただきたいと思います。プライシー・ステートメントは同意書の一部です。

コミュニケーション. 私たちのこのサイトとサービスをご使用になる事によって、お客様はVisaHQ.jpにマーケティングとプロモーション内容の配信のためのEメール、電子メールによる通知、全ての目的のためのコミュニケーションの電子,被電子フォームによる連絡についてVisaHQ.jpへの許可の表示をお願い致します。

安全保護. 登録用と申請用フォームを提出していただく事によって、お客様は提供していただいた情報が真実であり正確であることを証明する事になります。お客様自身がユーザーID(ログイン)、パスワードについての秘密の維持に責任を持つ事になり、お客様はご自身が認可したかどうかにかかわらず、ユーザーID(ログイン)の全ての使用について責任を持っていただきます。そして、認可されないユーザーID(ログイン)、パスワード使用は直ちにご連絡いただく事への同意をお願い申し上げます。情報の提出、配信を管理するプライバシー・ステートメントをご参照ください。

知的財産権. このウェブサイトは、テキスト、内容、写真、グラフィック、ソフトウェア・アプリケーションを含むがこれらに限定されてはいない、著作権、商標、サービスマーク、国際協定、と/または、それ以外の販売の登録商標権、アメリカ合衆国の法律また、他国の法律によって共同体労働として、保護されています。VisaHQ.jpのウェブサイトのページ上に使用されている全てのロゴ、イメージ、ウェブサイトのデザイン、ソフトウェア、HTMLコードはVisaHQ.jpのみの所有であり、複写、採用,スケッチ、ペイント、またはVisaHQ.jpの書面上の許可なく、許可される以前にどんな方法であっても、再生することはできません。他の全てのサービスマーク、商標、名前やロゴ、個人的な記事、コラム、その他の構成要素はその信頼できる所有者のものです。VisaHQ.jpはそれ以外のサービスマーク、商標、名前やロゴ、個人的な記事、コラム、他で商標を持つ可能性がある、またはその信頼できる所有者の著作権や/またはサービスマークでありうるその他の構成要素には責任を持ちません。

著作権と商標の遵守. VisaHQ.jpはその他の知的財産権を尊敬し、遵守の保証のため必要な事に全力を尽くします。お客様はここに、事実上の真意の疑わしい知的財産権の侵害にまつわるVisaHQ.jpをどんな責任や義務からも自由であり立場を保持する事に同意していただく事をお願い申し上げます。そして、事実上知覚できる侵害を書面で直ちにその発覚を通知する事への同意を更にお願い致します。お客様はまた、このような侵害や告発が起った場合は法的行為を起こす前にVisaHQ.jpに調査し、応答するための充分な時間を与えていただく事に同意していただかなければなりません。

保障. お客様によるこの利用既定条件への違反活動を停止する事にまつわる料金と経費、あなたの雇用者、代理人、下請け人、またはあなたのコンピューターとユーザーIDの使用者を含む、VisaHQ.jpとその職員、ディレクター、代理店、全ての裁判の背景からの被雇用者、どんな種類の性質の自然に起こりうる権利、要求、義務に関してお客様自身の経費の保護し、無害を守り保持し確認していただきます。この要求はどんな特許、著作権で守られたインフォメーションの使用、またはその他の理由での使用以外で挙げられる第三者の権利、義務まで広げられます。お客様は限定されませんが、妥当な弁護料金、背景に裁定された料金または、さもなければ、その繋がりにまつわる/繋がりのどんな権利、訴訟と/またはこのような行為のせいと考えられる行動または行為、を含みそのうちのいくらかか、全ての料金、損傷と経費をお支払いいただく事に同意していただきます。

終了. お客様はVisaHQ.jpが通知なしでいつでもこのサイトへのアクセス能力を終了させる権利を持つ事、またはどんな損傷の責務であってもVisaHQ.jpが責任を保持しない事に同意していただきます。VisaHQ.jpは制限はありませんが、記入未完了の書類、不十分な工程時間、または異常な事態を含み、どんな理由であっても書類の工程を断る権利を持ちます。

リンク. このウェブサイトは外部のウェブサイトへのリンクを含んでいます。これらのリンクはもっぱら情報目的のため、またそれ以外の情報源の場所を探す手助けをするために提供されています。私たちのウェブサイトにリンクされた外部のインフォメーション、またはリンクされたサイトを含むどんなリンクにおいても、その内容、正確さ、表現された意見や陳述について、私たちにはの責任はありません。

使用上の制限規定. このサイトは18歳以上の大人による使用を意図します。法律に反する目的、または使用規約条件に沿わない方法で使用しないでください。意図された目的以外ではこのサイトを使用しないでください。私たちのサイトへ情報を提出する場合、限定はありませんが、著作権と商標、名誉毀損する、悪用する、中傷的である、非合法な、脅迫的、しつこく悩ませる様な、詐欺行為の、ポルノ、有害な、または、犯罪実行を企てると思われるまたはけしかける様な、市民の責務のもとになる様な、または法律を犯す様なもを含み、マルチ商法やチェーンレター(不幸の手紙のように受取人が同じ内容の手紙を数名に出すように要求される)を渡すこと、ウィルス、またはそれ以外の害のある物、どんな方または存在の著作権や知的財産権を侵害する様な物を郵便でだしたり、電子メールしないでください。複写、複製、リコンパイルする、ディコンパイルする、記号言語に翻訳する、逆行分析する、配信する、公表する、表示する、パフォームする、修正する、〜にアップロードする、〜から派生労働を作成する、再流通させる、渡す、またはこのサイトを搾取するどんな方法でも、またはこのサービスを部分的に販売する、または VisaHQ.jp.の優先される書面での同意書なしでの配分をしないでください。

否認. このウェブサイトのインフォメーションは情報の正確さ、完璧さ、特殊な使用または目的のための適合について、商品性、タイトル、無違反の保障を含み"そのまま"保障されず、それを表現されず、暗示されることなしで提供されます。直接または間接的、偶然または結果的、特別または懲罰の、ウェブサイトの使用による不能、使用に関連してまたは使用が原因で起る、損傷、損失が何であっても、VisaHQ.jpが責任を持つような出来事は何もありません。VisaHQ.jpは暗に意味された全ての保障、特殊な目的のための適合、偶然の、特別の、直接のまたは結果的な損傷を含め、このウェブサイトをサポートするためのハードウェアとソフトウェアについての保障をここに否定します。それゆえに、VisaHQ.jp、その幹部、従業員、パートナー、会員、補助員、後継者、譲受人、外部の代理人は、限定されませんが、送信の遅延、間違い、割り込み、不正確、過失、またはサービス、商品の配達、または損失、または不履行からのどんな理由から生じる損傷を含み、直接または間接的に、サービスの/サービスからの手抜かりに関して、お客様もしくは外部の方に起るどんな事にも責任はありません。VisaHQ.jpはこのウェブサイトのために直接または外部を通して提供された情報、要請、制限、質、内容,主題、スタイル、表現に関するどんな保障またはどんな種類代理人も致しません。

同意総括. プライバシー・ステートメントに従うこの同意はお客様とVisaHQ.jpとの間の同意全体を構成し、VisaHQ.jpについて、全ての重要な同意、陳述、代理人に取って代わるものとします。この同意のどんな条項の施行への不履行はこのような条項の権利放棄、またははこのような条項の権利として解釈されるべきではありません。権利放棄、改正、またはあなたによってされるその他の修正は、両側の書面と捺印なしでは有効または結束にはなりません。