リベリア

価格、要件、および申請時間を含む、あなたの旅行に適したリベリアビザを見つけてください

リベリアへのビザ取得は旅行の楽しみを奪います。
私たちはそれを取り戻すためにここにいます。以下でオンラインで申請するだけで、あとは私たちにお任せください。

旅行先を選択 
ビザの種類
ビザの有効期限
国籍のある国を選択してください
に居住する
助けが必要?私たちとしゃべる
週7日お電話ください:  週7日お電話ください: 
週7日お電話ください

無料でお電話ください

7日間、週中無休
Short-term travel visas
Long-term visas & Immigration

リベリアのビザの種類

リベリアのeビザには3つの異なるタイプがあり、それぞれに目的と要件があります。VisaHQを利用して自宅からいずれかのビザに申請することができ、承認されればメールで送付されます。

オンラインでの申し込み
メール文書
ビザを受け取る
自2003年以来リベリア签证服务专家 VisaHQは、リベリア政府と提携していない民間のビザ代理店です。 VisaHQはリベリアへのビザの迅速なサービスを提供し、サービス料を請求します。 90秒で比較してみましょう ビデオ 
  • r
    観光ビザ
    必要
  • r
    ビジネスビザ
    必要
  • r
    公式ビザ
    必要
  • r
    宣教師ビザ
    必要
  • r
    トランジットビザ
    必要
この目的地にはビザが必要です。

すべての写真コピーと公証書類はカラーで印刷する必要があります。大使館では白黒の写真コピーは受け付けていません。

すべての写真コピーと公証書類はカラーで印刷する必要があります。大使館では白黒の写真コピーは受け付けていません。

すべての写真コピーと公証書類はカラーで印刷する必要があります。大使館では白黒の写真コピーは受け付けていません。

すべての写真コピーと公証書類はカラーで印刷する必要があります。大使館では白黒の写真コピーは受け付けていません。

タイプを選択 リベリア 観光ビザ アプリケーション:

追随する書類をメールしてください
  • ビザ申請書. 完全に記入され、署名された申請書

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、リベリアの領土からの出発予定日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートタイプの写真. 最後の6ヶ月以内に撮影された、白い背景のパスポートスタイルの写真を2枚添付してください。また、印刷のために写真を注文にアップロードすることもできます。このサービスには追加料金がかかります。

  • 旅程計画. 往復チケットのコピーまたは旅程の詳細な予定表を提出してください。リベリアへの入国と出国のフライトが表示されている必要があります。申請者の名前が予定表に記載されている必要があります。

  • 黄熱病証明書. 旅行者の黄熱病証明書

  • ステータスの証明. 在留国の移民ステータスのコピー、例えば在留カード、労働許可証、または学生ビザなど。

  • ビザ申請書. 完全に記入され、署名された申請書

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、リベリアの領土からの出発予定日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートタイプの写真. 最後の6ヶ月以内に撮影された、白い背景のパスポートスタイルの写真を2枚添付してください。また、印刷のために写真を注文にアップロードすることもできます。このサービスには追加料金がかかります。

  • 旅程計画. 往復チケットのコピーまたは旅程の詳細な予定表を提出してください。申請者の名前は予定表に記載されている必要があります。

  • ビジネス招待状. 米国の後援会社からのビジネス招待状。この手紙は、会社のレターヘッド用紙に印刷され、"リベリア領事館、ビザセクション"宛てに送られ、上級マネージャーの署名が必要です。ビジネスレターは以下のガイドラインに従う必要があります:
    - 申請者を簡単に紹介する(申請者の雇用状況/役職を明記してください)。
    - 実施されるビジネスの性質を明記する(例:ビジネスミーティング、契約交渉など)および目的地国で連絡を取る予定の企業の名前と住所を記載する。
    - ビザの種類と希望する有効期間を明記する(例:1年間の多重入国ビジネスビザ)。
    - サンプルフォーマットを使用してください。

  • 承認書. VisaHQの承認フォームを記入し、署名済みで提出してください。 authorization form

  • 黄熱病証明書. 旅行者の黄熱病証明書

  • ビザ申請書. オンライン注文の場合は、アカウントの下で当社のシステムによって準備されたリベリアビザ申請書をダウンロードし、印刷して署名してください。

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、リベリアの領土からの出発予定日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートタイプの写真. 最後の6ヶ月以内に撮影された、白い背景のパスポートスタイルの写真を2枚添付してください。また、印刷のために写真を注文にアップロードすることもできます。このサービスには追加料金がかかります。

  • 国務省の手紙. アメリカ国務省、送付部門、または機関から「リベリア大使館、ワシントンD.C.」宛てに送られた、旅行の目的と日程を説明する書簡。書簡には申請者の名前とパスポート番号が含まれている必要があります。

  • 承認書. VisaHQの承認フォームを記入し、署名済みで提出してください。 authorization form

  • 黄熱病証明書. 旅行者の黄熱病証明書

  • ビザ申請書. オンライン注文の場合は、アカウントの下で当社のシステムによって準備されたリベリアビザ申請書をダウンロードし、印刷して署名してください。

  • オリジナルのパスポート. パスポートは、リベリアの領土からの出発予定日から少なくとも6か月間有効であり、少なくとも2つの空白のビザページを持っている必要があります。

  • パスポートタイプの写真. 最後の6ヶ月以内に撮影された、白い背景のパスポートスタイルの写真を2枚添付してください。また、印刷のために写真を注文にアップロードすることもできます。このサービスには追加料金がかかります。

  • 旅程計画. 旅行者の名前の下でのフライトの予約。リベリアへの入国と出国のフライトを示す必要があります。

  • 宣教師の手紙. リベリアのスポンサーやホストからの招待状で、旅行の目的、滞在期間、滞在場所、ホストの連絡先情報を説明しているもの。

  • 承認書. VisaHQの承認フォームを記入し、署名済みで提出してください。 authorization form

  • 黄熱病証明書. 旅行者の黄熱病証明書

残念ながら、この時点ではVisaHQは提供していません

この目的地にはビザが不要です。

追加情報
  • 18歳未満の未成年者のための追加書類:
    ワクチン接種記録のコピー。
    両親の署名入りで、ビザの発行を要請する公証人による手紙。 (両親の署名が必要です) もし未成年者と一緒に旅行するのが片親または保護者のみの場合は、手紙で説明してください。 片親が完全な親権を持っている場合は、親権の書類のコピーを添付してください。
    出生証明書のオリジナルまたは公証されたコピー;
    未成年者が両親と一緒に旅行しない場合は、手紙に未成年者の責任者を記載し、有効なパスポート/旅行書類のコピーを提供してください。
    各親は、片方の親が処理中に旅行した場合に公証人によって認証された手紙を提供する必要があります。片方の親が完全な親権を持っている場合は、元の親権文書を添付し、元の公証人によって認証された手紙を提供してください。
    もし出生証明書に片方の親が記載されている場合、その親はビザの発行を要求するための公証人によるオリジナルの手紙を提供する必要があります。

アメリカ合衆国市民のためのリベリア観光ビザ手数料

ビザの種類妥当性
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
処理
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
大使館料サービス料税金総費用
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
10営業日
大使館料:$160.00
サービス料:$99.00
税金:$0.00
総費用:$259.00
$259.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
10営業日
大使館料:$160.00
サービス料:$99.00
税金:$0.00
総費用:$259.00
$259.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
10営業日
大使館料:$160.00
サービス料:$99.00
税金:$0.00
総費用:$259.00
$259.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
翌営業日
大使館料:$210.00
サービス料:$159.00
税金:$0.00
総費用:$369.00
$369.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
翌営業日
大使館料:$210.00
サービス料:$159.00
税金:$0.00
総費用:$369.00
$369.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
翌営業日
大使館料:$210.00
サービス料:$159.00
税金:$0.00
総費用:$369.00
$369.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
同日
大使館料:$235.00
サービス料:$189.00
税金:$0.00
総費用:$424.00
$424.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
同日
大使館料:$235.00
サービス料:$189.00
税金:$0.00
総費用:$424.00
$424.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
同日
大使館料:$235.00
サービス料:$189.00
税金:$0.00
総費用:$424.00
$424.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
10営業日
大使館料:$160.00
サービス料:$299.00
税金:$0.00
総費用:$459.00
$459.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
翌営業日
大使館料:$210.00
サービス料:$299.00
税金:$0.00
総費用:$509.00
$509.00
365日間の多重入国
最大有効期間は、特定の国に入ることを許可されている期間を指します。 ビザの有効期限は、ビザ発給日から始まります。
1年間まで
処理時間は、提出後翌営業日に開始され、通常の状況下でのみ処理時間の指標として役立ちます。
同日
大使館料:$235.00
サービス料:$299.00
税金:$0.00
総費用:$534.00
$534.00
  • ビザを確認する

Liberia Visa Policy

Persons coming to Liberia for any reason are required to obtain a visa from any of Liberia’s diplomatic regions before they can enter the country unless they are from visa-exempt countries. Those who wish to speed up the process may apply for a visa on arrival or an electronic visa if they are eligible for either.

Visa Exemption

Liberia’s visa exemption list is dominated by fellow West African countries. The Economic Community of West African States (ECOWAS) is the umbrella economic union in the West African region, and citizens from member states are allowed to visit fellow states without visas. A visa-exempt visitor can stay in Liberia for up to 90 days without being asked to present a visa at the point of entry or throughout their stay in the country.

Visa-exempt visitors are free to visit any part of the country they may wish, but they must work or study with a visa. They are also free to travel to multiple countries in the region without visa requirements.

Apart from fellow West African citizens, South African and Vietnam citizens who hold service and diplomatic passports are exempted from visas. In contrast, Kuwaitis, Chinese, and Turks with diplomatic passports are exempted from visas also. This visa-exempt list is by no means absolute, as it changes from time to time as more countries are added or removed. Visitors are advised to consult the list to ensure their visa-free eligibility.

Note: The visa exempt list is subject to change at any time so always conduct the list before every visit to know your current status. 

Visa On Arrival

One way to obtain a visa to Liberia if you are not from a visa-exempt country is to wait until you reach the entry point to get a visa on arrival. This visa is issued to the applicant through their emails before their arrival. VOA, as it is fondly called, is available to visitors who may not be able to get a visa at any of the Liberian foreign missions, and it is issued for business or any emergency-related activity in Liberia.

This visa may also be issued to a traveler coming from a country with no foreign mission. In such a situation, the carrier bringing the visitor must send a message in advance to the station manager in Monrovia, and a copy of the message must be attached to the traveler’s ticket.

Once the visitor arrives in Liberia, the visa on arrival will be issued, and their passports will be stamped so they can enter the country.

Liberia e Visa

The Liberian electronic visa was introduced to also facilitate the release of visas and to decongest foreign missions abroad. This visa is mainly for short-term tourism, business, or transit visits. E visas are valid for 90 days and start counting from the day you set foot on Liberian soil. You only have to fill out an application form online, attach the required document, pay the application fee and submit it for approval. That’s how easy the process can be.

Only persons from eligible countries will be allowed to apply for this visa. The eligibility conditions are as follows.

  • The applicant must hold an eligible passport
  • Their passport must have at least 6 months of validity
  • They must have no intention of working during their stay
  • They must have a clean record
  • They must be vaccinated against yellow fever
  • They must have no intention of living in the country for too long
  • The application must be submitted a few days before their arrival

Furthermore, you don’t have to wait for a long time to get the visa as it is issued within three days after receiving the application.

Key Information About Liberia e Visa and Travel Information

Before you embark on a trip to Liberia, here is some vital information you should know about the electronic visa application and other relevant travel tips.

When To Apply: The best time to apply for this e-visa is three days before your trip. This is because electronic visas take at least 1-3 days to process. So, if you submit your application 72 hours in advance, you are sure of getting the visa before your trip. If you can apply sooner, then do so

Yellow Fever Vaccination: The yellow fever vaccination is mandatory for visitors from outside the West African sub-region. Such visitors must show a valid vaccination detailing the vaccine date. The certificate must also have their personal information.

Type of Passport: You must always use the right passport for your application, and the same passport must be used for your trip. Under Liberian law, the passport must be valid for a minimum of six months from the entry date. Secondly, all visits must be done with the same passport used for the e-visa application.

Visitors who come with different passports will not be allowed to enter.

Not for Employment: Electronic visas are issued to visitors for temporary visits but for permanent residency or for them to get a job. It is illegal to work in Liberia with an e-visa. If you wish to gain employment in the country, you should apply for a work visa at any foreign mission abroad. E visas are solely for business, tourist, and transit.

Entry Routes: The routes of entry you use should be the approved routes into Liberia. Land and sea travelers should consult and use only government-approved border crossings and ports to access Liberia.

Application Fee: The application fee for the electronic visa is mandatory, not optional. You can only submit your application if this fee is paid. Fees are payable with a credit or debit card with enough funds to cover the visa fee and transaction cost.

Applying For Extension: There isn’t any information about visa extensions for visitors who wish to stay in the country beyond the days of grace. If you wish to stay longer, you should approach the nearest immigration office in your city to make inquiries.

Liberia e-Visa Online – Get your Liberia e-Visa with VisaHQ

If you are planning a trip to Liberia, you may need to apply for a visa if you are not from a visa-exempt country. Liberia online visas are the easiest to get because they are processed on time, and you can get them in a few days.

How To Apply For A Visa With VisaHQ?

The steps are relatively easy if you want to apply for a visa with VisaHQ. These are the steps to take.

Complete the application form: The first move is to complete the visa application form by providing your details. Ensure your passport, itinerary, and other details are accurate and the same as your travel documents.

Upload travel documents: Upload your travel documents as required. Make sure the copies are clear.

Pay the fee: The visa application fee should be paid with a debit or credit card. After payment, submit the application for processing.

Get the visa: You will get the visa after 1-3 days. Please print out a copy and travel to Liberia with it.

Why Use VisaHQ

If you have been looking for a fast application option for your online applications, VisaHQ is your best bet. We have been at the forefront of providing excellent application services to our clients for more than two decades now. Furthermore, we have built a network of experts and representatives across two continents and six countries to facilitate online visa applications.

Here are some reasons VisaHQ should be your first option for visa applications.

  • Apply for any online visa from the comfort of your home
  • Fast and easy application access
  • Apply for multiple visas
  • Track your application status online
  • Save your data for reuse
  • Sensitive data protection

Your application doesn’t have to be difficult when you have a trusted platform like VisaHQ. Visit our page now to get started.

リベリア COVID-19 旅行制限

  • 入場は開放されています
    現在、すべての陸上国境(シエラレオネ、ギニア、コートジボワールとの国境)および港は開放されています。

    18歳以上のすべての旅行者は、到着時にCOVID-19ワクチン接種の証明を必ず提示する必要があります。ワクチン接種の証明がない旅行者は、航空会社の費用負担で出発国に送り返されます。
    到着前の要件
    有効なパスポート。出発日から少なくとも6か月の有効期限が残っている有効な国民パスポート。
    有効なビザ。 ビザが必要な場合は、上記の手順に従って申請してください。
    到着時の制限
    🏠隔離。検査結果がない場合、検査を受ける必要があり、結果によっては隔離が必要になる場合があります。
    😷公共の場や交通機関ではマスクの着用が必要です。
    到着時の陰性のCOVID-19検査は、リベリアに入国するすべての人に必要です。コロナウイルスのスクリーニングは自己負担となり、スクリーニング結果に基づいて追加の検査が必要になる場合があります。

    一部の到着者は、96時間以内の陰性のPCR検査結果を提出する場合、この要件から免除されます。

お近くの私たちを見つけてください

申請する リベリア ビザ
  • ワシントンDC
    住所
    VisaHQ.com Inc.
    1701 Rhode Island Ave NW
    ワシントン, DC 20036
    電話
    +1-202-661-8111+1-202-661-8111
    労働時間
    通話用: 月曜日から金曜日まで、午前8時30分から午後8時30分まで(東部時間)
    訪問のために: 月曜日から金曜日まで、午前8時30分から午後5時30分まで(東部時間)

リベリアビザに関するよくある質問

      United States of Americaにおけるリベリア大使館のリスト

      リベリア 税関

      輸入規制 輸出規制 健康と安全 税関当局への連絡
          リベリアの税関連絡先情報
          詳細な支援が必要な場合は、直接リベリアの税関当局にお問い合わせください。彼らは税関規制や輸出入手続に関する最新情報を提供してくれます。

          • 電話


          旅行制限、安全警告、政治情報の更新、基本的な旅行ガイドラインに関する追加情報については、最寄りのリベリア大使館にお問い合わせください。

          ×

          Whooops! サーバーは霊界にいます。
          後でもう一度お試しください


          ページを更新